「大会結果」カテゴリーアーカイブ

平成30年度全国高等学校総合体育大会少林寺拳法

平成30年度全国高等学校総合体育大会少林寺拳法

8月3日から5日まで、平成30年度全国高等学校総合体育大会少林寺拳法
が愛知県西尾市総合体育館にて開催されました。

結果はこちら(PDF)です。

閉会式では各種目の表彰が行われました。

愛知県より専門部長謝辞、次期開催県である宮崎県よりアピールと続き、実行委員長より閉会宣言にて今年度のインターハイ全日程が終了しました。

次年度は宮崎県で開催されます。

第21回全国高等学校少林寺拳法選抜大会(大会結果)

第21回全国高等学校少林寺拳法選抜大会

3月24日(土)より26日(月)まで、第21回全国高等学校少林寺拳法選抜大会が香川県坂出市坂出市立体育館にて開催されました。
41都道府県200校、1182名が参加し、熱戦を繰り広げられました。

大会結果(PDF

今年の夏、愛知県西尾市で開催されるインターハイでまたお会いしましょう。

 

第20回全国高等学校少林寺拳法選抜大会(大会結果)

開会式

第20回全国高等学校少林寺拳法選抜大会が平成29年3月24日(金)~3月26日(日)に、善通寺市民体育館で行われました。
全国より41都道府県204校875名(男子450名、女子425名)が参加し、各種目で熱戦が繰り広げられました。
20-0101開会式

開会式に続き、弁論の部が行われました。
事前に応募された弁論の中から選出された6名の選手が全員の前で弁論を行いました。
弁論の内容は以下の4つです。
①この時代に私はどう生きるか
②私にとっての平和とは
③私にとっての部活動
④高校少林寺拳法部の普及・発展について
弁論発表ののち、少林寺拳法グループ総裁である宗由貴さまより講評をいただきました。


予選ラウンド


決勝ラウンド


閉会式

第20回全国高等学校少林寺拳法選抜大会閉会式が行われ、今大会の全日程が終了しました。大会結果はこちらをご覧下さい。

男子最優秀:東京都
女子最優秀:兵庫県
にそれぞれ優勝旗が授与されました。

今年のインターハイは8月に宮城県塩釜市でインターハイが開催されます。
宮城でお会いしましょう!

平成28年度全国高等学校総合体育大会少林寺拳法

平成28年度全国高等学校総合体育大会少林寺拳法競技大会開会式が挙行され、全国より42都道府県194校732名(男子383名、女子349名)の選手たちが堂々とした行進を行いました。
また、地元の岡山県の選手による選手宣誓が行われ、これからの熱戦を予感させるような熱い雰囲気の中、無事に終了しました。

43-taikai-01

43-taikai-02

43-taikai-0343-taikai-0443-taikai-0543-taikai-0643-taikai-0743-taikai-0843-taikai-09 43-taikai-1043-taikai-1143-taikai-12

平成28年度全国高等学校総合体育大会少林寺拳法競技大会の全日程が無事に終了しました。
来年度は南東北インターハイ、宮城県塩釜市で開催されます。
来年のインターハイでまたお会いしましょう。

平成28年度全国高等学校総合体育大会少林寺拳法結果

第19回全国高等学校少林寺拳法選抜大会(大会結果)

開会式

第19回全国高等学校少林寺拳法選抜大会開会式が、厳粛な雰囲気の中行われました。
今大会は、全国から197校881名(男子480名、女子401名)の選手が出場し、熱戦を繰り広げます。本日は弁論の部が行われました。

第19回全国高等学校少林寺拳法選抜大会 4-1

第19回全国高等学校少林寺拳法選抜大会 4-3

全国より多数の応募があった中より選考された6名が、堂々とした態度で自らの意見を発表しました。
弁論発表者は以下のとおり。
①仙台第一高校、河原選手
②清真学園高校、坂選手
③川越東高校、角南選手
④静岡西高校、櫻川選手
⑤鶴城丘高校、杉浦選手
⑥神島高校、大平選手

第19回全国高等学校少林寺拳法選抜大会 6-1


決勝ラウンド

第19回全国高等学校少林寺拳法選抜大会 24-2第19回全国高等学校少林寺拳法選抜大会 30-2第19回全国高等学校少林寺拳法選抜大会 30-3第19回全国高等学校少林寺拳法選抜大会 32-1


閉会式

第19回全国高等学校少林寺拳法選抜大会閉会式が行われ、今大会の全日程が終了しました。大会結果はこちらをご覧下さい。

男子最優秀:埼玉県
女子最優秀:和歌山県
にそれぞれ優勝旗が授与されました。

第19回全国高等学校少林寺拳法選抜大会 36-1第19回全国高等学校少林寺拳法選抜大会 36-2

今年のインターハイは、岡山県美作市で開催されます。
岡山でお会いしましょう!

 

 

 

 

 

第18回全国高等学校少林寺拳法選抜大会(大会結果)

3月22日(日)前日の予選を突破した選手たちによる決勝が行われ、1Rでは単独演武(各16名)、2Rでは組演武(各16組)、最終3Rでは団体演武(各12チーム)が白熱した演武を繰り広げられました。
決勝後の技術講習会では、法形の注意事項を確認しながら、都道府県の垣根を越えた交流を行い、充実した時間となりました。

閉会式では各種目入賞者の表彰が行われた。最後の伊東茂治専門委員長挨拶では、今回の大会運営に際し、得点表示板の回転装置を考案・作成した香川県立三豊工業高校少林寺拳法部員たちの紹介が行われ、改めて多くの人々の支えがあってこそ円滑な大会運営が行われるのだという点を参加選手全員が再確認することができました。

今夏には兵庫県立武道館(兵庫県姫路市)にてインターハイが開催される。選手たちはインターハイでの再会を約束し、大会は閉幕しました。

2-1 2-2 2-3

大会結果 A3版 A4版